スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円形脱毛症②

 7月11日に二度目のステロイド注射を打つため、大学病院へ行きました。まずは頭皮を見てもらい、うっすらと白髪が生えていることが確認されました。一度打っただけにしては、反応がいいとのこと。一度白髪で生えて、黒い髪になっていくのだということです。

 注射は頭皮に直接打つので、涙がにじむくらい痛いのですが、じっと我慢。治療時間自体は短いのですが、眉毛もまつ毛も失っているので、根気よく治療に望まなければならないようです。こればかりはどんなに頑張っても、発毛サイクルがあるので、最低でも数カ月は辛抱するしかないのです。

 円形脱毛症の原因については、本来体を守るべき自己免疫システムが、毛根を外敵と勘違いして攻撃してしまうことによって脱毛が起こり、その引き金となるのがストレスではないか、ということくらいしかわかっていなくて、甲状腺の病気といったはっきりした原因がない私は、今のところ対処療法くらいしか方法がありません。

 汎発型にまでなると、長期の治療を強いられるだけでなく、数年かかってもなかなか治らないことも多いようです。また、完治したと思っても再発することが多いらしいです。
 命に関わらない病気なので軽視されがちですが、多くの場合は、長期にわたる精神的な苦痛と経済的な圧迫が避けられず、特効薬がないという理由から、国に難病指定にしてほしいという動きもあるようです。

 まだ治療を始めたばかりで、先のことを心配しても意味はないですし、自分は最短で完治する方に標準を合わせたいのですが・・・

 ウィッグなしでは近所にも行けない、温泉で頭が洗えない、美容院に行く楽しみがない。どんなに暑くても、外にいる限りはウィッグがはずせない、シャンプーしてドライヤーで乾かして寝る、そんな当たり前の日常すらかなわない。とにかく何をするにもウィッグ、ウィッグ、ウィッグ!!

 精神的にはかなりまいります。 でも、精神的苦痛から鬱とかになり、自殺でもしない限り、この病気自体で死ぬことはありません。もう開き直るしかないのです。

 私は、癖の強い髪質で、縮毛矯正でさらさらロングを保っていたのですが、苦労してブローすることも手入れもしなくていいし、今までできなかった髪型をウィッグで試せるし、髪型が変わるたび服を変えれば、ファッションの幅が広がります。ショートのウィッグなら、温泉にだって入れます。何より気が楽なのは、職場の人にはカミングアウトしているので、気を遣う必要がないことです。

 自分の髪で外に出て、風に髪がなびく感触をもう一度取り戻す。実感できるまで「完治した」イメージを持ち、自分の治癒力を信じます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

優

Author:優
思考が現実を創っていて、思考を変えれば現実も変わるということを知り、自分で体験しながら学んだことを発信しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。