スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『こうして、思考は現実になる』 パム・グラウト 著 桜田直美 訳 サンマーク出版

 突然ですが、神様は存在するのでしょうか。
 今時、神様を白い髭の生えた老人だと思っている人はいないでしょうが、宗教の多くが唱える“神”に抵抗を示す人は多いと思います。しかし、この宇宙の生命の大もとのことだと思えば、そんなに抵抗はないと思います。目に見えないエネルギー体、と言ってもいいでしょう。

 表題の著書は、もっとわかりやすく、神様を電気に例えた表現をしています。これまで私達は、電気はずっと以前から存在していたのに、存在に気づかなかったか、使い方を知らなかっただけだというのです。

 私達は長い間、神様から報酬を受け取るには、苦難を乗り越えるなどの特別な資格が必要だと思っていましたが、電気を使用するのに資格がいるでしょうか。コンセントにプラグをさせば誰でも電気が使えるのと同じように、神様から報酬を受け取るのに、資格はいらないのです。

 もちろん、苦労をするなと言っているのではありません。世の中はまだまだ、苦労をすることがよし、といった風潮が普通です。私は怠け者の方なので、できれば苦労はしたくないですが・・・。
 苦労はしないまでも、人を傷つけるようなやり方で無理やり報酬を受け取ることも、人を傷つける行為自体、恐れが土台になっているであろうと思うので、いつかは同じやり方で奪われるだろうと思っています。電気だって使い方を間違えたら、とんでもないことになるのと同じです。

 また、神様は誰にでも平等であると同時に、「この人はいいことをしたから、宝くじに当てよう」などとは考えません。
 バシャールの紹介でも言いましたが、自分が与えたものが自分の受け取るものであるので、自分は豊だと100%信じていれば豊かになる現実が与えられるし、何かを恐れていれば、それに見合った現実が与えられるということです。

 表題の本は、電車のドアの脇に宣伝してあったのがきっかけで、バシャール以外の精神世界の著書を読んでみるのもいいかと思って手に取った本ですが、成功の実例がたくさん載っていて、とても興味深かったです。

 バシャールは、私たちの魂は永遠の存在として、物事を成就させるのに急ぐことはないとしているのに対し、この著書は、期限を決めた9つの実験を紹介しているのもおもしろいです。

 まだ本屋で平積みになっていると思うので、興味があったら手にとってみてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

優

Author:優
思考が現実を創っていて、思考を変えれば現実も変わるということを知り、自分で体験しながら学んだことを発信しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。