スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直感は正しい

 欲しい本を購入しようとしたときのことです。
 地元の駅ビルには書店がふたつあり、帰りにスーパーに寄りたかったので、スーパーへ通じる出口に近い方の書店に行きました。
 ところが目当てのコーナーに数人いて書棚が見えず、(通路が狭く、人ひとりがやっと通れるくらい)もうひとつの書店に行くかどうか迷ってうろうろしているうちに、人がいなくなったので書棚をのぞくと、欲しかった本は置いてありませんでした。
 もうひとつの書店ですぐに見つけたので、無事に購入できましたが、人がいた時点でこちらの書店に来ていればよかったと思いました。

 そこで、今まで読んだバシャールや引き寄せの本に書いてあったことを思い出しました。何か障害にあったときは、その道や方法が間違っている知らせなのだということを。
 やはり、すぐにもうひとつの書店に行くべきだったのです。

 思考をコントロールして思い通りに生きることに関してはまだまだ初心者ですが、小さなこと、例えば、欲しい服が売れずに残っているのを実感できるまでイメージすると、本当に売れずに残っていたとか、イメージを使って食べたいと思うものを家族の誰かに買ってきてもらうとかは、だんだんできるようになってきていたので、「障害」にも敏感になっているはずだったのですが、このときは迷ってしまいました。というより、最初からその書店に行っていればよかったのでは? 直感を磨く訓練がもっと必要だと実感した出来事でした。
スポンサーサイト
プロフィール

優

Author:優
思考が現実を創っていて、思考を変えれば現実も変わるということを知り、自分で体験しながら学んだことを発信しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。