スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円形脱毛症③ ~よい結果だけに焦点を合わせる

 先日、病院で眉毛に注射しました。ものすごく痛かったですが、打ったところを先生の言う通りに抑えていたので、(筋肉痛になるかと思った)腫れもなく無事にその日の治療が終わりました。
 眉毛がないと、どこに眉を書いていいかわからない、日によって眉毛の位置が微妙に違う、やはり眉毛は大事だ・・・。つくづく実感したので、やはり、担当の先生についていくことにしました。

 瞬時に毛が生えるとういものではないと思う反面、少しでも早く完治できる方法があるのではないかと、別の病院に行ってみるという選択を視野に入れたこともありました。
 そこでふと気づきました。何を選択しようと、いい結果になるか、悪い結果になるかは、本人の考え方しだいだということに。極端な言い方をすれば、なりたい結果だけに焦点を合わせれば、方法はなんだっていいのです。むしろ、結果だけに焦点を合わせて、手段は宇宙にお任せしたほうが、誰も傷つけず、以外な方法で、最短でなりたいものになれるはず。それが引き寄せの鉄板なのですから。

 私も、治療は医者にお任せして、病院を一歩でも出たら病気のことを考えないようにしています。そして、病気になる前の自分の写真や、理想とする人の写真を見るなど、なりたいイメージを視覚化して、できる限り結果だけを考えるようにしています。
 そうすると、気分がいいし、気分がいいと直観が冴え、間違った選択をしなくなるようなので、仮に「あれ、何か違うぞ」という出来事が起こっても、気持ちをリセットしやすくなります。

 なりたいものになれたという想像をすると、病院での待ち時間も、痛い注射も楽しくなってきます。(痛いことは痛いけど)こうやって、楽しいことを増やしていくことができるようになると、さらに楽しくなることが引き寄せられてきますから、いずれ病気だという感覚もなくなるでしょう。

 世の中には、医者に匙を投げられた病人が、完治をメージし続けていたら治ってしまったとか、笑う生活で病気が消えたなどの奇跡の話がたくさんあります。
 正直、「ほんとに?」と疑うこともありますが、この病気も世の中的には完治が難しいと言われていますので、難しいということに焦点を合わせず、「簡単に治った」ということに焦点を合わせていきたいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

優

Author:優
思考が現実を創っていて、思考を変えれば現実も変わるということを知り、自分で体験しながら学んだことを発信しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。