スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HSPの役割

自分がHSPだとわかってから、この先どうしたいのか、考えを整理していました。

まさにそのタイミングで、HSPの役割について深く考えさせられる出来事が起こりました。

ことの発端は、一昨年、ある人が私の職場に入社したことでした。その人を仮にAさんとします。

同じミスを繰り返す、自分のやりたいことにこだわり、仕事の優先順位を無視する、やりたくない仕事を避けようとする、ひとつのやり方に固執する、人の気持ちを逆なでするようなことを言う、協調性がない、場の空気が読めない。

こういう人が職場にいたら、たいていの人が手を焼き、腹を立てるのではないかと思います。

Aさんは、まさにそんな人でした。

同僚達は、Aさんを性格に問題がある人として非難するようになり、私自身もAさんの言動にイライラし、不平を漏らしていました。

その一方で、Aさんへの評価に違和感を覚える自分もいました。Aさんの言動は、単に性格の問題で片づけてはいけない。そんな気がしたのです。

思い浮かんだのは、発達障害という言葉でした。

発達障害のことは、最近メディアで取り上げられていたし、HSPのことを知るまで自分も発達障害ではないかという疑いを持っていたくらいだったので、少しは知っていました。

ただ、本人からも、会社側からも申告があったわけではないので、Aさんが発達障害かもしれないと思うのは私の直感でしかありません。ましてや、私は素人です。

ですから、発達障害のことが頭をよぎってから、Aさんのことに関しては、かなり慎重になりました。

時間がたつにつれ、同僚達も薄々は、Aさんが何かの障害ではないかと思いはじめていました。しかし、はっきりとわからないというのは残酷なもので、Aさんへの非難は日に日にエスカレートしていきました。

会社は営利目的で存在しているので、たびたび業務に支障をきたすAさんの言動を非難する同僚達の言い分も、わからなくはないけれど、Aさんが日々追い詰められていく心理を、自分のことのように感じる。

この板挟みの状態は、私を非常に苦しめました。Aさんと他の人達とどうかかわるべきか、悩みました。

これは、HSPならではの感覚なのでしょうか。

だとするとこの感覚は、HSPの「深く処理する」「感情反応が強く、共感力が高い」という特徴からきているものなのかもしれません。

Aさんが場になじめず、一人になってしまうところが、どうしても子供の頃の自分に重なってしまう。

ある時点から、私はAさんへの非難が、とても気持ちの悪いものになりました。

やがて私は、同僚達がAさんの悪口を言い合う場で発言しなくなり、時に発達障害とAさんの言動を結びつけて説明してみたりしましたが、結局、私にできたのはそれだけでした。

昨年の秋、Aさんは追われるように退職していきました。

退職がAさんにとって良かったのかどうか、それは今もわかりません。

とても、苦い記憶です。


今回のことで、HSPは、常にニュートラルな状態でいることで、いろんな立場を理解し、人と人の間をつなぐ役割を担っているような気がしました。

考え、感じすぎることは辛いこともあるけれど、これこそが、私なのです。
スポンサーサイト
プロフィール

YOU-KI

Author:YOU-KI
HSP・エンパス気質です。2014年に汎発型円形脱毛症を発症。抑うつ状態。
HSPのことを中心に、日々感じたこと、体験などを発信しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。